2. Participants

Participants Orientation trip 2014
Guests Mondriaan Fund

1. Ksenia Galiaeva
Artist
Ksenia Galiaeva
Ksenia Galiaeva was born in 1976 in Pskov, Russia. She moved to the Netherlands to study at the Academy for Art and Design in ?s-Hertogenbosch, and received her MFA at Post Sint Joost, Breda. In 2010 she was a resident at Leipzig International Art Program and in 2012 at Arts Initiative Tokyo. Ksenia Galiaeva now lives and works in Amsterdam, NL and Antwerp, BE. She teaches at the photography department of the Willem de Kooning Academy in Rotterdam. Ksenia Galiaeva was long listed for the Prix de Rome. Her work has been exhibited in solo and group shows, amongst others in: Ellen de Bruijne Projects Amsterdam, Stedelijk Museum, Van Abbemuseum Eindhoven and Moscow MOMA in the Russian Federation. Ksenia is represented by Ellen de Bruijne Projects

クセニア・ガリアエヴァ、オランダ
アーティスト兼ウェブサイト『Ichmich(イヒミヒ)』管理者
クセニア・ガリアエヴァは1976年にロシアのプスコフに生まれる。彼女はオランダに移住し、スヘルトーヘンボスのアート・デザインアカデミーに入学。ブレダのシント・ヨースト美術大学にて芸術修士号を取得。2010年にはライプツィヒのインターナショナルアートプログラムに、2012年にはアーツ・イニシアティヴ・トウキョウに参加。彼女は現在アムステルダムおよびアントワープで生活、活動する。また、ロッテルダムのウィレム・デ・クーニング・アカデミーの写真科で教鞭をとっている。彼女はローマ賞にノミネートされた経歴を持ち、その作品はアムステルダムのギャラリーEllen de Bruijne Projects(エレン・デ・ブライネ・プロジェクト)、アムステルダム市立美術館、アイントホーフェンのファン・アッベ市立美術館、モスクワのMOMAなど、これまで様々な美術館にソロまたはグループショーとして展示されている。

2. Rumiko Hagiwara
Artist
Hagiwara
The site-specific installations, photo and video works of Japanese artist Rumiko Hagiwara revolve around coincidental encounters within daily life situations that often emphasize factual errors or coincidental approvals between image and language. Hagiwara combines western conceptualist approach (ready made objects) with influences from traditional Japanese culture (shadow, light, reflection), and aims at twisting the omnipresence of the unnoticed trace of human action and behaviour into subtle, and often humoresque poetics of the ordinary. Rumiko Hagiwara was born in Gumma (Japan) and studied at the Tokyo Zokei University in Tokyo (2000-2004). She was artist in residence at the Rijksakademie in Amsterdam (2008-2009), Tokyo Wonder Site (2012) and at AIR Antwerp (2013). She is represented in the gallery Jeanine Hofland Contemporary Art in Amsterdam.

萩原留美子、オランダ
アーティスト
日本人アーティスト萩原留美子のサイトスペシフィック・インスタレーション、写真、そして映像は、映像と言葉の間に生まれる誤りや偶然の一致を誇張するような日常のシチュエーションの中にある偶然の出会いをテーマとしている。萩原は西洋のコンセプチュアリスティックなアプローチ(レディメイド・オブジェクト)と伝統的な日本文化(影、光、反射)を掛け合わせ、人類の行いや振る舞いの気付かれざる痕跡の存在の微妙な、そして時に遊び心のある日常の詩的表現への変換を図る。彼女は群馬に生まれ、東京造形大学(2000〜2004年)で学ぶ。アムステルダムのライクス・アカデミーのアーティスト・イン・レジデンス(2008〜2009年)、トーキョーワンダーサイト(2012年)、アントワープのAIR(エアー)(2013年)などのプログラムに参加。彼女の作品はアムステルダムの現代アートギャラリーJeanine Hofland(ジャニン・ホフラント)で取り扱われている。

3. Juliette Jongma
director Juliette Jongma Gallery
Juliette Jongma
Juliette Jongma opened it’s doors in 2004. It was the first gallery for contemporary art to establish itself in the De Pijp area of Amsterdam, which has since developed into an important spot on the city’s contemporary art map. The gallery focuses on collaborations with international artists in an early stage of their careers, often through its close engagement with Amsterdam’s international residency programs, like De Ateliers and the Rijksakademie. Its main concern is the development and promotion of young artists in the international arena, through its participation in art fairs, and its extensive institutional and collector network. The gallery produces around seven exhibitions a year, and presents a host of contextual activities, like the production of publications, performances, talks and screenings, and actively engages with educational institutions like Amsterdam’s MA Sandberg Institute and the Art and Research MA program at the Rietveld Academie besides curating on a free-lance base events (SPF Spring Performance Festival) and projects (Eau De Cologne) out-side the gallery and started a record label for young upcoming musicians named I’m with her recordings.

ユリエット・ヨングマ、オランダ
ギャラリーJuliette Jongmaディレクター
ギャラリーJuliette Jongma(ユリエット・ヨングマ)は2004年にオープン。 デ・パイプ地区で始めての現代アートギャラリーとしてオープンした後、この地区は現代アートにおける街の重要なスポットの一つへと成長。このギャラリーは、De Ateliers(デ・アトリエース)や国立美術アカデミーなど、アムステルダムのレジデンスプログラムと密な協力を通し、国際的な駆け出しのアーティストとのコラボレーションにフォーカスしている。彼らの関心は、アートフェアへの参加、そして広範囲で組織的なコレクターネットワークを通し、国際舞台で若いアーティストを成長させ、プロモートすることにある。年に約7回のエキシビション、ならびに出版物の制作、パフォーマンス、トークイベント、上映会などコンセプチュアル・アクティビティーの主催者の紹介、そして教育機関との積極的な協力を行う。また、フリーランスベースのイベントのキュレーション、外部でのプロジェクトを行い、さらに新進気鋭の若いミュージシャンのためのレコードレーベルも開始。

4. Rob Knijn
Artistic director Heden, initiator The Naked Foundation and artistRob Knijn
Born in Hoorn, The Netherlands in 1966. In 1992 I graduated at the Royal Academy of Arts in The Hague. Since then I have been active as an artist, painting mainly. Also active since 1992 as organizer, initiator, curator and board member of different contemporary art organizations, amongst which HCAK, Artoteek Den Haag, Voorheen het Archief, Nest, The Naked.
Since 2009 I am the artistic leader of Heden, and as such responsible for the artistic program, which involves an exhibition program, an exchange program, educational programs and the buying of art and conserving the collection for our foundation. Heden rents out art for the general public and corporate world. I like to photograph and in my spare time I do a fair amount of running. Every now and then I run a half marathon.

ロブ・クネイン
Hedenアーティスティック・ディレクター、The Naked Foundationイニシエーター、アーティスト
「1966年、オランダのホールンに生まれ、1992年にデン・ハーグ王立芸術アカデミーを卒業しました。それ以降、アーティスト、主に画家として活動しています。また、1992年からオーガナイザー、イニシエーター、キュレーター、そしてHCAK、デン・ハーグのArtoteek(アルトテーク)、Voorheen het Archief(フォーヘーン・ヘット・アルヒフ)、Nest(ネスト)、The Naked(ザ・ネーキッド)など、様々な現代アート組織の運営メンバーを務めました。2009年よりHeden(ヘーデン)のアーティスティック・ディレクターを務め、展示プログラム、交換プログラム、教育プログラム、作品の購入、独自の財団のためのコレクションの保管を含む、アーティスティック・プログラムを担当しています。Hedenは個人および法人に対し作品の貸し出しを行っています」

5. Wilma Sütö
Curator Modern and Contemporary Art Stedelijk Museum Schiedam
Wilma Sütö
Wilma Sütö (Tilburg, 1965) is a project leader and curator in the Stedelijk Museum Schiedam, focusing on contemporary art. She is both a professional journalist and art historian. As an art critic with de Volkskrant national daily newspaper (1991-99) in Amsterdam, she wrote numerous reviews, interviews and essays on the visual arts, particularly on topical events and themes at home and abroad. Credo: in art, image and concept form a bond that sheds light on reality. For this reason, art is indispensable, both in newspapers and in real life.
Since she changed roles from critic to curator in the Boijmans Van Beuningen Museum in Rotterdam in 1999 and in 2006 the Stedelijk Museum Schiedam, she is responsible for concept, organisation and editing of exhibitions and catalogues on modern and contemporary art. She also continued to write in periodicals and attributes to artists books and (inter)national catalogues. She is guest teacher at universities and art academies and participates as a stand-up art historian, talking about art and culture in the talkshow Rotterdam Late Night.

ウィルマ・ストー、オランダ
スキーダム市立美術館近代・現代アートキュレーター
ウィルマ・ストー(ティルブルグ、1965年生)はスキーダム市立美術館で現代アートを専門にプロジェクトリーダーおよびキュレーターを務める。彼女はプロのジャーナリストおよび美術史家であり、美術評論家としてアムステルダムに本社を持つ全国紙『De Volkskrant(デ・フォルクスクラント)』にヴィジュアルアート(特に国内外の話題のイベントやテーマ)に関するレビュー、インタビュー、エッセイなどを多数執筆。
1999年に評論家からロッテルダムのボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館のキュレーターに転身し、2006年にはスキーダム市立美術館のキュレーターに就任。それ以来、近代・現代アートに関するコンセプト、組織、展示やカタログの編集の責任者を務める。また、現在も定期刊行物のための執筆やアーティストの著書や国内外のカタログのための文章を寄稿。大学や芸術アカデミーの客員講師を務める他、トークショーに参加し、スタンド・アップ・アート・ヒストリアンとしてアートや文化について講演を行う。

6. Winnie Tesmacher
artist and director De Ketelfactory
Winnie Tesmacher
She’s a visual artist and cofounder/director/curator at projectspace De Ketelfactory, Schiedam. As an artist she already works for 30 years as a sculptur mainly in glass and at the present moment in optical glass. She’s selftaught except for two years at The Willem de Kooning academy. She’s exhibiting national and international, worked on many commisisons, worked in several international studios, did some freelance designing(a.o. Royal Leerdam Glass). She works in her studio which is situated in a monumental farmhouse in Vlaardingen and in the Czech Republic. As director of De Ketelfactory she started in 2009(after cofounding this initiatve in 2007) and made a little over 20 exhibitions with artists as Robert Zandvliet, Jan van Munster, Marina Abramovic, Robert Wilson, Jan Andriesse, Claudy Jongstra. De Ketelfactory won the Waterweg Culture award in 2011.

ウィニー・テスマーヘル、オランダ
アーティスト兼 De Ketelfactoryディレクター
ヴィジュアルアーティストおよびスキーダムのプロジェクトスペース De Ketelfactory(デ・ケートルファクトリー)の共同創始者、ディレクター、キュレーター。30年以上彫刻家として活動する彼女は主にガラス用い、現在は光学ガラスの彫刻を制作。二年間ウィレム・デ・クーニング・アカデミーで学んだ他は独学で技術を習得。国内外に作品を展示し、多数の依頼制作や数々の国際的なスタジオでの制作、フリーランスのデザイン(ロイヤル・レールダムなど)を行う。歴史的建造物であるフラールディングの元農家に構えたスタジオおよびチェコで制作を行う。2007年にDe Ketelfactoryを共同設立した後、2009年からディレクターとしてロバート・サントフリット、ヤン・ファン・ムンスター、マリナ・アブラモヴィック、ロバート・ウィルソン、クラウディー・ヨングストラなどのアーティストを迎え20以上の展示を行う。De Ketelfactoryは2011年にワーターウェフ・クルチュール賞を受賞。

7. Renilde Steeghs
Ambassador for Cultural Co-operation of the Netherlands ministry of Foreign Affairs
Renilde Steeghs
Renilde Steeghs holds a MA degree in Slavic Languages and Literature from Leyden University. She entered the Netherlands foreign service in 1988 and worked as a diplomat in Zagreb, Moscow and Brussels. At the ministry of foreign affairs of the Netherlands in The Hague she served i.a. as head of the UN Funds and Programmes Division (2003-2007) and strategic advisor for economic diplomacy (2010-2012). Renilde Steeghs was appointed Ambassador for Cultural Co-operation of the Netherlands ministry of foreign affairs in July 2012. In that capacity she also heads the Unit for International Cultural Co-operation of the ministry.

レニルデ・ステーフス、オランダ(8月31日〜9月11日)
オランダ王国外務省文化交流大使
レニルデ・ステーフスはライデン大学にてスラヴ語とスラヴ文学の修士号を取得。彼女は1988年にオランダの外交局に入局し、外交官としてザグレブ、モスクワ、ブリュッセルに勤務。デン・ハーグを拠点とするオランダの外務省では、国連基金・プログラム部門の責任者(2003〜2007年)、そして経済外交のストラテジックアドバイザー(2010〜2012年)等を務める。2012年7月にはオランダ外務省の文化交流大使に任命され、さらに省の国際文化交流部隊を率いる。

Organisation Mondriaan Fund (NL)
8. 
Birgit Donker, Director Mondriaan Fund
Birgit Donker
Since 1 June 2012, Birgit Donker is director of the new Mondriaan Fund, the national funding organisation for the visual arts and cultural heritage that resulted from the merger between Fonds BKVB and the Mondriaan Foundation.Birgit Donker (1965) worked as an art reviewer for NRC Handelsblad, after serving as this newspaper’s Editor-in-Chief between 2006 and 2010. Donker studied Early Modern History and Historiography at the University of Amsterdam, followed by Journalism at the École Superieure de Journalisme in Paris and the advanced certificate programme ‘Analyse du monde actuel’, also in Paris.

ビルジット・ドンカー、オランダ(8月31日〜9月11日)
モンドリアン基金ディレクター
ビルジット・ドンカーは2012年6月1日より、ヴィジュアルアートや文化遺産のためのナショナルファンドであるモンドリアン基金のディレクターを務める。
ビルジット・ドンカー(1965年生)は2006年から2010年までオランダの全国紙『NRC Handelsblad(エヌエールセー・ハンドルスブラット)』の編集長を務めた後、同紙のレビュアーを担当。彼女はアムステルダム大学で近世史と歴史学を学んだ後、パリのジャーナリズム高等学院でジャーナリズムを学び、同じくパリの上級資格取得プログラムAnalyse du monde actuel(アナリーズ・デュ・モンド・アクチュエル)を修了。

9. Haco de Ridder
International visitors program manager Mondriaan Fund
Haco
Is responsible for the international visitors program and the organization of the annual Orientation trip of the Mondriaan Fund (2007-now). Between 2003 and 2006 he worked as a freelancer where he was responsible for commissioners as the Prince Claus Fund, The Amsterdam Foundation for the Arts, the municipality of Haarlem, and for various artists and galleries in The Netherlands.

ハーコ・デ・リダー、オランダ
モンドリアン基金国際ビジタープログラムマネージャー
国際ビジタープログラム、およびモンドリアン基金が毎年行うオリエーテンショントリップの編成を担当(2007年から現在まで)。2003年から2006年の間、フリーランサーとしてプリンス・クラウス基金、アムステルダム芸術基金、ハーレムの基礎自治体などの団体や、オランダの多数のアーティストやギャラリーを担当。

Guests BAM
10. Lieze Eneman
Assistent curator CC Strombeek & Contour Biennial for Moving Image
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Lieze Eneman (1986) holds a MA degree in Art History from the University Ghent and a Research MA degree from the University of Amsterdam. Having previously worked as project assistant at the S.M.A.K. Museum of Contemporary Art in Ghent and at the University of Brussels, she is currently co-curator of the exhibition platform Museumcultuur Strombeek/Gent – initiated in 2013 by the Cultural Center Strombeek in collaboration with S.M.A.K. She is also a member of the organizing team of Contour, Biennial of Moving Image in Mechelen.

リーゼ・エーネマン、ベルギー
カルチャーセンターStrombeekと映像作品のビエンナーレ「Contour」アシスタントキュレーター
リーゼ・エーネマン(1986年生)はゲント大学美術史学で修士号を、アムステルダム大学でリサーチマスターを取得。ゲント市立現代美術館(S.M.A.K.)やブリュッセル大学でプロジェクトアシスタントを務め、現在はカルチャーセンターStrombeek(ストロムベーク)とS.M.A.K.の協力で2013年に設立されたエキシビション・プラットフォームMuseumcultuur Strombeek/Gent(ムゼウムクルチュール・ストロムベーク・ゲント)のコーキュレーターに就任。また、メッヘレンの映像作品のビエンナーレ「Contour(コントゥール)」の運営メンバーの一人である。

11. Pieter Vermeulen
Independent curator and researcher
Pieter Vermeulen
Pieter Vermeulen (BE, 1983) is an independent curator and researcher. He studied Philosophy and Cultural Studies and held a position of guest professor in Philosophy and Philosophy of Art at University College Ghent – Faculty of Music and Faculty of Fine Arts (KASK). He is currently course director and lecturer at the Master of Research in Art & Design at St Lucas University College in Antwerp (BE) and research assistant at Ghent University (S:PAM – Studies in Performing Arts & Media). As both a curator and theorist, Pieter set up exhibition projects such as Fantastic Illusions (MOCA Shanghai/Buda Kortrijk, 2009), Resonance (Bund18/World Expo 2010 – Belgian Pavilion, Shanghai), Uncommonplaces (Extra City Antwerp, 2011), Façades (BE-PART Waregem, 2012), Perpetual Travellers (SAVVY Contemporary, Berlin, 2013), Wild Horses & Trojan Dreams (Marres House for Contemporary Culture, Maastricht, 2013) and The Ship of Fools (Museum of Post-Digital Cultures, 2014). He participated in ICI’s Curatorial Intensive in New York City (2010) and was offered a curatorial residency at Vessel in Italy (2011). He moderated and co-/organized different international conferences and has articles published in various magazines and exhibition catalogues. Pieter is also active as a curator for De Nieuwe Opdrachtgevers (The New Patrons), providing professional guidance for public art commissions, as a co-founder and curator of POPPOSITIONS (off-fair Art Brussels since 2012), as an editor (Belgium) for the contemporary art magazine ‘this is tomorrow’ and a regular contributor for DAMn° magazine.

ピーター・フェルメウレン、ベルギー
インディペンデントキュレーター兼リサーチャー
ピーター・フェルメウレン(ベルギー、1983年生)はインディペンデントキュレーター兼リサーチャーである。彼は哲学と文化を学び、ゲントのユニバーシティ・カレッジの音楽学部とファインアート学部で哲学および芸術哲学を専攻。現在はアントワープのシント・ルカス大学にてアート・デザイン学部リサーチマスターコースのディレクターおよび講師、ゲント大学(パフォーミングアートとメディア学部)にてアシスタントを務める他、キュレーターおよび理論家として展示プロジェクトを立ち上げる。2010年にはICI主催のニューヨークでの「キュラトリアル・インテンシブ」に参加し、イタリア、ヴェッセルのキュレーターレジデンスへの招待を受ける。様々な国際会議を調整、共同編制し、数々の雑誌や展示カタログのための文章を執筆。また、パブリックアートの依頼に関するプロのガイダンスを行うDe Nieuwe Opdrachtgevers(デ・ニュー・オプドラフトヘーヴァース)のキュレーター、2012年に始まったブリュッセルのフェアPOPPOSITIONS(ポップポジションズ)のキュレーター、複数の現代アートマガジンのエディターや定期執筆者として活躍する。

Organisation BAM (B)
12. Lissa Kinnaer
International Relations officer at BAM
Lissa
Studied at the Free University of Brussels, at the University of Amsterdam and at Goldsmiths College, University of London. Between 2004 and 2006, she worked for INIVA, the Institute of International Visual Arts in London, the Center for Fine Arts and the Kunstenfestivaldesarts in Brussels. From 2006 to 2011, Lissa Kinnaer was Coordinator of the Réseau des Arts à Bruxelles, a Brussels based cultural network. In March 2011, she was appointed International Relations officer at BAM, the Flemish Institute for Visual, Audiovisual and Media Art. In 2009-2010, Lissa Kinnaer was a British Council’s Cultural Leadership International fellow.

リサ・キネール、ベルギー
BAMインターナショナルリレーション部責任者
ブリュッセル自由大学、アムステルダム大学、そしてロンドン大学に属するゴールドスミス・カレッジに在籍。2004年から2006年の間、彼女はロンドンのヴィジュアルアートのための団体INIVA(イニヴァ)、ブリュッセルのファインアートセンターとフェスティバルオーガナイザーKunstenfestivaldesarts(クンステンフェスティファルデザール)に勤務。2006年2011年にかけてはブリュッセルに拠点を置くカルチャーネットワークRéseau des Arts à Bruxelles(レゾー・デザール・ア・ブリュクセル)のコーディネーターを務める。2011年3月にはフランドル地方にあるヴィジュアルアート、オーディオヴィジュアルアート、メディアアートのための組織BAM(バム)のインターナショナルリレーション部責任者に抜擢される。また、2009年から2010年にかけてブリティッシュ・カウンシルのカルチュラル・リーダーシップ・インターナショナルの一員として活躍。

Guests Pro Helvetia (CH)
13. Julie Enckell Julliard
director Musée Jenisch Vevey
Julie Enckell
Julie Enckell Julliard holds a doctorate in art history and has been curator of modern and contemporary art at the Musée Jenisch Vevey since 2007. She has conducted a number of projects related to contemporary drawing and the concept of collection as an artistic practice. She has also organised several exhibitions related to contemporary drawing, including solo shows and a group show named Voici un dessin suisse. She is the author of 40 essays on contemporary art practices. Her research is currently focused on the history of drawing exhibitions in the 1960s and 1970s (book in preparation), and the role of photographic archives in contemporary drawing.

ジュリー・エンケル・ジュリアール、スイス
ヴヴェイのイェニッシュ美術館ディレクター
ジュリー・エンケル・ジュリアールは美術史学の博士号を取得し、2007年よりヴヴェイのイェニッシュ美術館の近代および現代美術のキュレーターを務める。彼女は現代画や芸術的行為としてのコレクションのコンセプトに関したプロジェクトを数々指揮し、数々のソロショーや「Voici un dessin Suisse(ヴォワスィ・アン・デッサン・スイス)」というタイトルのグループショーを編成。また、現代アートの実践に関するエッセイを40冊執筆。現在は60〜70年代のドローイング展の歴史(これに関する書籍は現在出版準備中)とコンテンポラリードローイングにおける写真記録の役割に関するリサーチを行う。

 14. Nicola Ruffo
Journalist and curator
Nicola Ruffo
Nicola Ruffo (1979) works as a journalist and curator in Zurich (Switzerland). Since he graduated (2007) his studies in international relations and film studies, he is a reporter for the swiss television (Schweizer Fernsehen). In 2012 he has received his MA in Curating from the University of Arts in Zurich. Lately, he has co-curated the exhibitions “Learning from Warsaw” at the Centre for Contemporary Art Ujazdowski Castle (Warsaw) and “Go! You Sure? Yeah!” at Pool Project (Zurich), in collaboration with the LUMA Foundation and Ringier collection.

ニコラ・リュッフォ、スイス
ジャーナリスト兼キュレーター
ニコラ・リュッフォ(1979年生)はチュリーッヒでジャーナリスト兼キュレーターとして活動。2007年に国際関係学と映画学の大学卒業資格を取得し、スイスのテレビ局( Schweizer Fernsehen)のリポーターを務める。2012年にはチューリッヒ芸術大学のキュレーション学修士号を取得。近年、ワルシャワのウジャドゥスキー城現代美術センター、そしてチューリッヒのPool Project(プール・プロジェクト)にてルマ基金およびリンギエ・コレクションとのコラボレーションで行われた展示の共同キュレーションを務めた。

Guests Danish Agency for Culture
15. Julie Horne Møller
Curator Horsens Art Museum
Julie Horne
In my work as a curator at Horsens Art Museum, I work with everything from exhibitions and artists to fo­cus on the collection and research. Horsens Art Museum is a museum for contemporary art with a focus on mainly Danish artists from the 1980s to the present day. The collection consists of works by some of the Danish contemporary art elite, in medias as painting, sculpture, video and installations. In my short time as a curator I have been responsible for various exhibitions, featuring works from the collection and with other artists. The thing I love the most about curating is the work with the different artists and the museum’s philosophy. Horsens Art Museum is a white cube museum, which can be both an advantage and a disadvantage. Where it is my responsibility to get the individual artist to function optimally in the museum’s frame. In my work I focus on continually develop myself as a curator and be better able to ad­vise the artists in our relationship with the individual exhibits. I consider myself to be curious and adapta­ble in relation to my work.

ユーリェ・ホーネ・ミュラー、デンマーク
ホーセンス美術館キュレーター
「私はホーセンス美術館のキュレーター として、展示やアーティストからコレクションやリサーチまで、全てに関わります。ホーセンス美術館は1980年代から現代のデンマーク人アーティストを中心とした作品を扱い、そのコレクションは絵画、彫刻、映像、インスタレーションなど、数名の精鋭デンマーク人現代アーティストの作品で構成されています。キュレーターとして働いたこれまでの短い期間の中で、常設コレクション内の作品や他のアーティストを取り入れた様々なエキシビションを担当しました。キュレーションにおいて私が最も魅力に感じることは、異なるアーティストや美術館の理念に触れることです」

 16. Pernille Albrethsen
Nordic editor of Kunstkritikk, independent critic, editor and curator
Pernille Albrethsen
Pernille Albrethsen (b.1971) is a freelance critic and editor based in Copenhagen. She is an editor of Scandinavian online journal Kunstkritikk. Her writing and reviews have appeared in Kunstkritikk, Artforum, Flash Art as well as in numerous catalogues and books. She edits exhibition catalogues and books for museums and publishers including Kunsthal Charlottenborg, Copenhagen, Museet for Samtidskunst, Roskilde and Pork Salad Press – recent publications include: Simon Starling – The Expedition, exh.cat., Charlottenborg, 2013; Concrete Comedy. An Alternative History of Art and Comedy by David Robbins, Pork Salad Press, 2014; An Artist with 6 Legs, Superflex retrospective exh.cat., Charlottenborg, 2014. She is the founding editor of Copenhagen based fanzine GAS. Albrethsen has lectured at The Royal Danish Academy of Fine Art, The Funen Art Academy of Art, Oslo National Academy of the Arts Royal Institute of Art, Stockholm, and University of Copenhagen. She holds a Master’s degree in Modern Culture from University of Copenhagen and New York University. She is member of the Advisory board to the Royal Danish Academy of Fine Arts, appointed by the Danish Ministry of Culture.

ペルニレ・エルブレッツン、デンマーク
オンラインジャーナル『Kunstkritikk』北欧担当編集者、評論家、エディター、キュレーター
ペルニレ・エルブレッツン(1971年生)はコペンハーゲンをベースとするフリーランスの評論家兼エディター。スカンディナヴィアのオンラインジャーナル『Kunstkritikk(クンストクリティック)』(www.kunstkritikk.dk)のエディターを務める。彼女の文章や批評は『Kunstkritikk』の他にも『Artforum(アートフォーラム)』『Flash Art(フラッシュアート)』など、数々のカタログや本に取り上げられている。また、コペンハーゲンのシャルロッテンボー美術館、ロスキレ現代美術館、Pork Salad Press(ポーク・サラッド・プレス)社など、美術館や出版社の展示カタログや本の編集を行う。エルブレッツンはコペンハーゲン大学とニューヨーク大学にて現代文化学の修士号を取得し、デンマーク王立芸術アカデミー、フュン芸術アカデミー、オスロ国立芸術大学、ストックホルム王立芸術大学で教鞭をとる。また、デンマークの文化省に指名され、デンマーク王立芸術アカデミーの顧問委員会のメンバーを務める。

Organisation Danish Agency for Culture
17. Ane Bülow (will join the program in Japan)
Senior advisor Visual Arts at Danish Agency for Culture
Ane Bulow
Adviser, Visual Arts, Danish Agency for Culture. Earlier writer for Kunstkritikk.dk, Project Manager for Copenhagen Art Week, assistant curator at GL STRAND, Director at gallery Andersen’s Contemporary, Director at gallery kirkhoff contemporary (closed now). Editor and writer “Ny Dansk Kunst 2006” (New Danish Art 2006) for kopenhagen.dk, MA Art History Copenhagen University 2006

エーネ・ビュロー、デンマーク(9月7〜14日参加)
デンマーク文化庁ヴィジュアルアート部シニア・アドバイザー
デンマーク文化庁ヴィジュアルアート部のアドバイザー。『Kunstkritikk(クンストクリティック)』のライター、コペンハーゲンアートウィークのプロジェクトマネージャー、アートギャラリーGL STRAND(ゲーエル・ストランド)のアシスタントキュレーター、ギャラリーAndersen’s Contemporary(アンデルセンズコンテンポラリー)のディレクター、コンテンポラリーギャラリーkirkhoff(キルクホフ・現在は閉館)のディレクターを務めた経歴を持つ。また、エディター兼ライターとしてウェブマガジン『コペンハーゲン』(kopenhagen.dk)の「Ny Dansk Kunst 2006(ニュー・デニッシュ・アート2006)」を担当。コペンハーゲン大学美術史学の修士号を2006年に取得。

Guest
18. Annette Schönholzer, CH
Director of New Initiatives Art Basel
Annette Schonholzer
Annette Schönholzer has been working for the international art fair Art Basel since 2002. In 2013, she was appointed Director of New Initiatives, following her Co-Directorship with Marc Spiegler since 2008 and after building the Miami Beach edition of Art Basel as Show Manager. During this period, Art Basel has developed into a truly global platform for leading international galleries by expanding into Asia, with the first Hong Kong show in May 2013. In her new role, she spearheads the development and definition of new artworld initiatives across the globe. Schönholzer has ten years of experience working for Swiss cultural and film funding bodies and managed the BIOPOLIS exhibit at the Swiss National Exhibition, Expo.02, in 2002. Annette Schönholzer studied English, Film, and German in Zurich, and also holds an MA in Art Management.

アネッテ・シェーンホルツァー、スイス
アート・バーゼル ディレクター・オブ・ニュー・イニシアティブ
アネッテ・シェーンホルツァーは2002年より国際アートフェア、アート・バーゼルにて勤務。2008年よりマーク・スピーグラーと共同ディレクションを務め、さらにショーマネージャーとしてアート・バーゼル・マイアミ・ビーチを指揮した後、2013年にディレクター・オブ・ニュー・イニシアティブに任命される。彼女の指揮下、アート・バーゼルは2013年5月の香港でのショーを皮切りにアジア進出を果たし、一流のインターナショナルギャラリーのための真のグローバルプラットフォームへと成長。彼女は新しいポジションにおいて、世界を股にかける新生のアート・イニシアティブの発展と定義付けを先導。シェーンホルツァーはスイスの文化や映画資金提供機関で10年間の勤務経験がある他、2002年度のスイス国民博覧会Expo.02ではBIOPOLISの展示を監督。彼女はチューリッヒで英語、ドイツ語、映画を学び、マネージメントの修士号を取得。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s